OEMならポン菓子総合メーカー「家田製菓株式会社」

愛知、南知多で日本だけでなく世界や新しい世代に

  • ホームへ戻る
  • お問い合わせ
お問い合わせ 0569-65-0964 受付時間 平日9時~18時

家田製菓の取り組み

ポン菓子を世界に、ポン菓子を新たな世代に。

愛知県南知多町にある、ポン菓子メーカー「家田製菓株式会社いえだせいか かぶしきがいしゃ」は、日本の食文化の一つであるポン菓子を世界や新しい世代に伝えていく活動をしております。

創業30年以上続く、ポン菓子専門メーカーだからこそ、私たちにしか伝えられないことがあると信じ、各種イベントを通じて、世界中の方、ポン菓子を知らない若い世代にもポン菓子の魅力を発信しております。

image

image

2016年

現地の穀物の膨化度合を調べる

キツイ村の農村女性グループ

TICADⅥジャパンフェア農水省ブースにて

安倍首相と各国首脳のポン菓子試食

世界に、日本の文化を届ける。

ケニアでポン菓子の地産地消ポン菓子でアフリカをより豊かに

2017年

image

研修風景:弊社社員と研修生

image

昔ながらの手づくり方法を指導

2018年

image

ジョンさんのポン菓子フォローアップ

image

ギチャンギさんの製造フォローアップ

image

ケニア女性研修生を
受け入れ味付け方法指導

2016年、農林水産省から「ケニアでポン菓子の指導と、その発表をしてほしい。」と、ご依頼をいただきました。創業から30年以上作り続けてきた、ポン菓子という駄菓子が、国際貢献に役立つかもしれない。そう思い、二つ返事でこのご依頼を引き受けました。
その年の夏、第6回アフリカ開発会議へ参加し、ナイロビ近郊にあるキツイ村の女性たちに、ポン菓子を上手に固める製造方法を指導しました。

地元産の雑穀やトウモロコシ、豆は全てポン菓子の膨化に適しており、その加工技術がアフリカ現地の方の健康面や収入にいかに貢献するのかを、各国の首脳にPRしました。2017年には、ケニアから2名の研修生を弊社工場に受け入れ、ポン菓子の製造から包装・販売までを指導しました。2018年には、フォローアップとして、再びケニアの様々な地域を訪問して、タマリンドやバオバブパウダーなど、現地独特の原材料を使って味付けすることで、現地での付加価値を高めることができました。現在では、ケニア国内で6か所以上の地域でポン菓子づくりをしています。今後の目標としては、アフリカ全土にポン菓子を広めること。ポン菓子を未来へ、そして世界へ。私たちの挑戦はまだまだ続きます。

2019年

「平成31年度アフリカ等のフードバリューチェーン課題解決型市場開拓事業事業化共同体」に参加し
ケニア中心に課題解決を探ります。

2019年8月28日(水)~30日(金)
TICAD7 併催イベント 横浜市パシフィコ横浜展示ホール「ジャパン・フェア」に出展します。
※アフリカポン菓子の展示・試食あり
ご来場お待ち申し上げます。

ポン菓子の可能性を広げ未来へつなぐ

昔懐かしいのポン菓子はもちろんのこと、味や形、食べ方などにバリエーションを持たせることで、
ポン菓子を知らない若い世代にもポン菓子を楽しんでいただけるようにしております。
ポン菓子専門店だからこそ、ポン菓子の可能性を、
より多くの方に知っていただけるように、活動を続けていきます。

  • お料理・お菓子作りにパフ製品に

  • 7つのフレーバーが楽しめるポンポンカップ

  • 今夜の晩酌におつまみポン

  • さわやかな朝食に十二穀シリアル

  • 商品ラインナップはこちら
  • 職場でつまめるスティックタイプぽん棒

Facebookにて活動記録配信中

Facebook